ねこ、ねこ、ねこねこねこーん
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
「猫さんこんにちは」
「人間さんこんばんは」
「猫さんは今何をしているのですか」
「ネコろんでいます」
「……」
「……」
「猫さんは気楽でいいですねえ」
「人間さん、人間さん、ちょっといいですか」
「何ですか」
「実を言うと私は人間なのです」
「ははは、御冗談を。あなたはどこからどう見ても猫ではないですか」
「いいえ、私から見たら私は人間であなたが猫なのです」
「猫さん、からかうのはよしてくださいな」
「じゃあ質問です。なぜ人間のあなたが猫の私とお話ができるのだと思いますか」
「それは……」
「実は私があなたのわかるような言葉で話しているからなのです。つまり、人間の私が猫語で喋っているからなのですよ」
「そんな……僕が猫だなんて……」
「だけど気にする必要はありません」

 私たちはこうしてお話ができるのですから、これからもきっとうまくやっていけます。

「猫さん……いや、人間さん……」


「……と、いうように考えを改めればもう少し猫さんとうまくやっていけると思うんだ」
「却下」
 感情の無い声でそう言ったのはチカちゃんだ。
 チカちゃんの腕の中でアクビをしているのが我が家の飼い猫の「猫さん」だ。
「いい考えだと思うのだけれど」
「他力本願じゃないですか。それならむしろ私たちが猫語を習得する努力をすべきです」
 そうは言ってみても人類がその足で葦をへし折ってからはや2000年いや、3000……4000……とにかくすごく長い時間が経っているが、未だに人類は猫語の解読ができていないのだ。
 俺がこの猫さんを抱きしめることはあっても猫さんが俺を抱きしめてくれることはないのだ、体格差的に。

「ねこ、ねこ、ねこねこねこーん」

 ふと気がつくとチカちゃんは猫さんに向かって呪文を唱えていた。
「何やっているの」
「猫語を話しているのです」
 少し解説してみよう。この一個下の後輩のチカちゃんは猫さんのことを大変気に入っている。さらに付け加えてみるとチカちゃんは超がつくほど頭の良い女の子だった。ひょっとすると彼女は独自に猫語を習得していたのかもしれない。

 と、思ったがそんなわけねえや。

「正気の沙汰とは思えないのだけれど」
「私は正気か狂気で言ったらニュートラルです」
「だってそれじゃあ人間に向かって『ひとひとひとーん』と言っているようなものじゃないか」
「何ですか。ケチをつける気ですか」
「それに『ねこ』は日本語じゃないか」
「何を言っているのですか、『ねこ』はもともと猫語からの輸入語ですよ」
「そんな話聞いたことがないね」
「ほら、Americaのことを日本語でアメリカと言いますよね、それと同じです」
「はん、じゃあCATとか……CATとかはどうなのさ」
「人語には日本語と英語がありますよね、猫語にも日本猫語と英猫語があるのです。猫も世界中にいますからね」
「ビヨンドマイヘッド!」
 これは何を言っても仕方がないだろうと思い、俺はコタツで丸くなることにした。コタツは猫のものではない、人の造りしものだ。
「にゃあ、にゃにゃにゃにゃあにゃ」

―ミャーオ

「にゃおにゅあ、にゅにゅにゅ」

―ミャーオ

 寝入る寸前までチカちゃんと猫さんの「楽しい猫語会話」が聞こえていた。








「にゃあ」

―んん

「にゃーにゃ」

「…ん、うにゃあ」
 その声に揺すられて目を開けるとチカちゃんがいた。
「にゅあ」
 何かを訴えている。
「うにゅう」
 何かを訴えるなら日本語で訴えてほしい、そう思って口を開こうとした。
「にゃに……」
 思わず口をつぐむ。確かに違和感がした。まさか俺は本当に猫だったのではなかろうか。ほら見ろ、俺の考えた通りだ。
「にゃーにゃ」
 チカちゃんは困った顔で必死に話しかけてくる。
―ミャーオ
 猫さんは楽しそうに笑っている。
 わかる、わかるぞ、猫語が。「ねえ、コタツで寝ると風邪ひくよ。さっさと起きてください」「そーだよ」と言っているに違いない。
……ならば、俺も猫語で返す。
「にゃ、にゃおななう」
「にゃーう、なにょい」
―ミャーオ
「にゃーにゃい、にゅにゅねにゅにゅえ」
「にょにい、ぬぬぬぬ」
―ミャーオ
「にゃーねれにょっねにい、にいにいにゅいにゅう。にゃなにゃなにゃなにゃな」


「……いつまで続けるんですか」

「……にゃに」

―ミャーオ

―チカちゃんは事情を説明してくれた。

「……と、いうように成果が上がるか否かに関わらず、猫語を話す努力を態度で示せばもう少し猫さんとうまくやっていけると思うのですが」

「却下」

「にゃあ……」

 チカちゃんは猫撫で声でうなだれてしまったので俺はまたコタツで丸くなった。

―ミギャア

 おっと、先客がいたようだにゃ。

―END
色音 

2010年12月31日(金)20時03分 公開
■この作品の著作権は色音さんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
ニワトリ語とカラス語とハクトウワシ語でトリリンガルっていう……

まさか今日投稿することになるとは思いませんでした。

楽しい企画でした。


この作品の感想をお寄せください。

2011年02月02日(水)19時55分 色音  作者レス
エキセントリクウさん

感想をありがとうございます。
タイトルの件ですが、これ実は私の知人、いや……知猫につけてもらった猫語のタイトルなんですよ!




……すいません、嘘です。

pass
2011年01月26日(水)11時57分 エキセントリクウ  +20点
タイトルが抜群にいいっすよねー。
タイトル賞(っていうのがあったら)あげたいです。
猫、飼ってますか?
我が家には白黒柄のテンちゃんっていうおてんばなメス猫がいます。
機嫌がいいと「ニャーン」が「ニャニャーン」になるんですけど、先日よほど機嫌がよかったのか、「ニャニャニャーン」って鳴きました(笑)。

作品の感想は、猫語で言いますね。

にゃぬにゃにぇににょぬにいににょん。
にょーにぇぬゅうにぃにゃあんにょよをんにゅーなにゅーにゃんんなあ。
にゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃ!!
にゃんーん(魚)。


111

pass
2011年01月18日(火)23時10分 色音  作者レス
酉野目さん

感想ありがとうございます。
「永久不変の概念の集合」があるのだとしたらその要素として「猫LOVE」を採用したい勢いです。
「犬LOVE」の方々のヒンシュクをかうかもしれませんが……。

pass
2011年01月17日(月)17時51分 酉野目  +10点
 ねこLOVE。 

 ねこさんの言葉。猫語。そもそもその存在がないとしたら?

 ねこLOVE。

  
 でもねこ語がわからなくても、そもそも無いとしても、ねこLOVEは加速するのみ。

 ねこLOVE。
119

pass
2011年01月17日(月)02時26分 色音  作者レス
nazeさん

なごんでいただいてありがとうございます。
漫画化、実写化……とてもスケールの大きな話である気がしますが、この作品はコタツと猫さんさえ揃えばOKというとてもスケールの小さな話なので、自主制作とかでできるかもしれませんね。


魚さん

お褒めいただいてありがとうございます。目的は……察してください。


大助さん

猫にも何か主張するところあるのではないかと考えたりなんなり猫さん可愛いなり、という勢いで書いた作品であります。
ご指摘の箇所に関してはまさにその通りかとおもいます。
この作品は最初から短い読み物を書きたいと思って書いたものですので煮え切らない感じはありますね。

pass
2011年01月16日(日)18時19分 大助 1r1IKTFG/I +10点
はじめまして。大助です。作品を読ませていただきましたので、感想を。

「俺」と「チカちゃん」の猫語に対する解釈が面白いと思いました。猫の立場から考えると、そうなのかも、と切り口に新鮮さを感じました。

文章も読みやすいですし、猫にちなんだ「ネコろんだ」とか「こたつ」といった言葉もいいと思いました。

「却下」と言っているのが前半と後半では違っていると思うのですが、多少わかりにくいと感じました。

後半の「ー」「ー」ミャーオの繰り返しから「ー」「ー」ミギャアのオチまでが上手いと思ったのですが、他の方が指摘されているように、猫語の繰り返しにくどさを感じて、ミャーオの部分を読み飛ばしているとしたら、オチの面白さが弱まってしまうよう気がしました。

全体としてほのぼのとした雰囲気があって、素敵です。欲をいえば、もっと分量のあるものを読んでみたいです。
114

pass
2011年01月16日(日)16時37分 魚  0点
ひとひとひとーん、とか輸入語とかクスリとさせて、光るところがありました。
ただ、誰がなんの目的で何を主張しているのかわかりにくいように思いました。


121

pass
2011年01月15日(土)15時46分 naze  +10点
とても面白い。なごみました。
漫画化とか実写化もありなんでは。
119

pass
2011年01月09日(日)22時16分 色音  作者レス
nさん

感想ありがとうございます。
お風呂に入っているときに思いついた作品なので安らかになれる要素が何かしら染み込んでいるのかもしれません。
山場がなくてすみません。この作品は越後平野みたいにまっ平らです。いや、越後平野だと壮大過ぎて越後の皆さんに失礼なので……そうですね、コタツの天盤……あたりにしておきましょう。

pass
2011年01月09日(日)21時13分 n  +10点
猫かわいいです。
チカちゃんもかわいいです。
ほんわか安心して読めますね。
ドキドキな山場はあまり感じませんでした。
113

pass
2011年01月09日(日)14時47分 色音  作者レス
開蔵さん

感想ありがとうございます。
猫語の件は様々な解釈ができると思いますが、チカちゃんの知的な戯言のような気もします(笑)
トリリンガルについて触れてくれた方ははあなたが初めてでしたので、心から感謝のします。
本当にありがとうございました!
救われました!!

pass
2011年01月05日(水)23時17分 開蔵  +20点
チカにゃんとにゃんにゃんしたいにゃん♪あ、やめて!グーは、顔はやめてー!
いやしかしにゃんにゃん話す女の子に私が萌えにゃいわけがないんですよ。ええ。しょうがないんです。
にゃんにゃんの他には『ひとひとひとーん』がとても可笑しかったですwこうゆう会話を傍から眺めていたひ。

>『ねこ』はもともと猫語からの輸入語ですよ
こっから趣の違う面白味がジワジワと。人間の名付けによって名が決まるのではなく、そもそも対象の内に名が潜んでいる、
あるいは名と存在は本当に不可分である、というような感じでしょうか。いずれにせよ好きです。

そんで『創生記』の世界観を思い出しながら「むーん、うーん」と読み進めていたら、
>ニワトリ語とカラス語とハクトウワシ語でトリリンガルっていう……
あー、トリってそういう…………張り合うのはやめておきますw
112

pass
2011年01月02日(日)23時24分 色音  作者レス
白光さん

たびたびありがとうございます。ええ、チカちゃんはかわいいです。なんせ私のチカちゃんですから!!
最後の猫語のくどさは自負していました……。
まあ、読者を混乱させるのも狙いだったのですけどね。

いもさん

猫は非常に愛らしいですね!
愛らしいですね!!!
実は私はドリトル先生を見たことがありません、今度見てみようかと思います。
今回は「短いお話」が作りたかったのですが、また機会があれば動物語についてもっと考えてみるのもいいかもしれませんね。

pass
2011年01月02日(日)05時35分 いも M8vT5jA.U. 0点
猫萌え〜w
#全く余談ですが、自分の部屋のカレンダーは今年もHallmarkの子猫カレンダーw

動物語の話で思い出すのは、ドリトル先生ですね。
動物は声だけじゃなくて体も使って言葉を表現する(ボディランゲージが正式に言語体系に組み込まれている、といったらいいのかな?)、という考えが印象深いです。
日本猫語や英猫語の話題(動物語が地域によって違ってくる可能性についての考察)は出てきていたので、さらにそこら辺の考察もあると、もっとよかったかな、と思います。

114

pass
2011年01月02日(日)01時34分 白光  +20点
白光です。一応二回目のコメントですね。

ねこ好きなチカちゃんの可愛さがとても伝わってきました。というかぶつかってきました。

しかし、最後の猫語のくだりがくどかったかな、と。
しかし、哲学も萌えもあるいい作品だと思います。
122

pass
合計 9人 100点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD