PHP研究所「哲学ガールズ」 イラスト、小説募集企画!

企画ブログ

企画公式ブログ

主催者

飲茶

「哲学的な何か、あと科学とか」管理人。
著書に「史上最強の哲学入門」などがある。

協力者

うっぴー

「ライトノベル作法研究所」の管理人。
著書に「ライトノベル創作教室」などがある。

 ヘッダーCG作成

midnight cafe

ご連絡

メールフォーム

携帯版サイト

その他・コンテンツ

応援CG

リンク集

支援サイト一覧

ラノベりあん
哲学的(育児)日記
鏑木保ノート
法政大学哲学研究会
logical cypher scape
FINEDAY+
いもあらい。
絵に描いた城

創作サイト

小説家になろう
作家でごはん!
ラノベジェネレーション
小説☆カキコ

※本企画は2012年3月20日に終了いたしました!

本企画で投稿いただいたイラストは『哲学ガールズ』として書籍化されました!


※哲学ガールズ大賞の発表はこちらです!

<哲学ガールズイラスト閲覧所>

現在までに投稿された哲学ガールズイラストはこちら



<開催案内>

 「エレメントガールズ 元素周期 萌えて覚える化学の基本(PHP研究所)」という本があります。
 118種類の元素を女人化した美麗なイラスト満載のいわゆる「萌え教養本」で、 これがなんと発売半年で四万部を越える大ヒット作品となっています。
 そして、そのシリーズの続編として
 「哲学ガールズ」が2012年3月に発売予定なのですが、

このたび、その監修を飲茶がつとめさせていただくことになりました!

<哲学ガールズイラスト募集>

 つきましては――、
 その「哲学ガールズ」に載せるイラストを「第二回哲学的な彼女企画」で募集いたします!

 採用されると、あなたのデザインした哲学ガールが本に載ります!
 (もちろん、プロのイラストレーターとして出版社から報酬がもらえます)

 募集期間は、2011年7月1日~2012年1月9日まで

 募集する哲学者の一覧および詳細はイラスト募集規定をご覧ください。
 現在までに集まった哲学ガールズイラストはこちらに掲載されています。

<哲学ガールズ小説募集>

 2012年3月に発売する「哲学ガールズ」はイラスト中心の哲学入門書ですが、出版元としてはそれとは別に「本作の哲学ガールズのキャラクターを登場させた二次小説」を出版したいという意向を持っています。
 実は、この二次小説についても執筆依頼が飲茶の方に来ていたのですが、本業や東洋哲学入門書の執筆で時間が取れませんので、

「哲学的な彼女企画の方で、その作品を募集してはどうでしょうか!?」

 と出版元に提案したところ、
 「質が高い作品であるならば、ぜひ出版させてほしい」という回答をいただきました。

 というわけで、今回の哲学的な彼女企画は、書籍化を前提とした作品を募集します!

 ただし、大賞を決めるのは飲茶とみなさんの評価点ですが、書籍化するかどうかを含めて作品を選ぶのは出版社の方です。 

 ですから、大賞=書籍化ではないことをあらかじめご承知おきください。

 しかし、面白い作品、すなわち、プロの編集をうならせる作品を書きさえすれば、確実にプロの編集の「目にふれる」わけですので、プロ作家として本が出版できる可能性が高いのは間違いありません。

 そして、うまく哲学ガールズが人気になれば、ドラマCD化、コミック化、アニメ化という展開も十分にありえます!(というか、出版元の編集さんが「そうしたい」と言ってました。ちなみに前述のエレメントガール本はすでにドラマCD化されています)

 そもそも、まだ「哲学女子、哲学ガールズ」という市場的にも魅力なキーワードでヒット作品は出ていないわけですから、ここで「面白い作品」を最初に出せば、きっと「面白い展開」になると思います。
 ぜひそれをあなたの手で成し遂げてください!

 募集期間は、2011年10月1日~2012年1月9日まで

 哲学ガールズ小説の募集要項の詳細は小説募集規定をご覧ください。
 あなたの作品を待っています!

「企画用の公式ブログ」…企画に関する情報を随時更新しています。

 

 当サイトはリンクフリーです。
 哲学・創作サイトとの相互リンク募集中です。

 ↓は、midnight cafeの想達さんが作ってくれたリンク用バナーです。
 リンクの際に、ご自由にお使いください。ただし、直リンクは禁止です。

200×40バナー

180×180バナー

500×100バナー

500×200バナー

●注意
 ライトノベル作法研究所の企画運営部門は当企画には関わっておりません。
 「哲学的な何か、あと科学とか」主催の企画になりますので、ラ研企画運営部へのお問い合わせはご遠慮ください。

▲ページの先頭へ